読みもの一覧

雨の日も里山三昧

00雨の日も里山三昧
  • 2021.5.1

    第102回 東千茅『人類堆肥化計画』

    コロナ禍に立ち上げた家族経営の出版社「野兎舎(やとしゃ)」は、 今年2月に初めての書籍として松村正直『駅へ[新装版]』を出した。 この本は、ほとんどネットで販売しているのだが、 直接問合せのあった書店 […]

  • 2021.4.1

    第101回 近藤・大西編『環境問題を解く』

    近藤康久・大西秀之編『環境問題を解く』(2021年、かもがわ出版) 本書は、総合地球環境学研究所のオープンチームサイエンス・プロジェクトが、 環境問題を解くためには、ひらかれた協働研究が必要という信念 […]

いしだのおじさんの田園都市生活

01いしだのおじさんの田園都市生活
  • 2021.4.30

    第152回 Five Years

    ズッキーニに実がついた。 イチバンカ(一番果)という。 早い。 このイチバンカは、木(株本体)を大きくするために摘果すると良い。 と、言われている。 つまり、大きくなる前に早々に取り除くということだ。 […]

  • 2021.3.31

    第151回 ハニー

    桜の咲く土曜日、愛犬と散歩をしていて不思議な感覚にとらわれた。 今、三鷹にいて、愛犬と歩きながら、街や畑を見ている俺は? いったい何者なんだろう? あと半年ほどで還暦。 くたびれている。 少しボケてき […]

釜飯仲間・おこげのお話

02釜飯仲間・おこげのお話
  • 2021.4.26

    第148回 釜飯仲間・おこげのお話

    国連「家族農業の10年 2019年~2028年」そして新型コロナウイルス災禍の中で ~みんなのしあわせは、おいしさの先に!~ 大人たちは地球温暖化をどうする気だ。温室効果ガス排出ゼロにただちに行動する […]

  • 2021.3.28

    第147回 釜飯仲間・おこげのお話

    「釜飯仲間」=おこげのお話= 国連「家族農業の10年 2019年~2028年」そして新型コロナウイルス災禍の中で ~みんなのしあわせは、おいしさの先に!~ 内藤正雄さんに関わる話の続編です。 彼は長年 […]

水の流れは絶えずして

03水の流れは絶えずして

神奈川野菜で大盛りNORAご飯

04神奈川野菜で大盛りNORAご飯
  • 2021.4.28

    色々使える!トマトたっぷりソース!

    お立ち寄りいただきありがとうございます。NORAアート部&胃袋部のヤノマサミです。 桜は散り、入れ替わるようにバラが咲き誇り、木々の緑が大きく深呼吸をするかのようにその触手を空に広げ、季節は鮮やかな彩 […]

  • 2021.3.27

    アスパラしゅうまい顛末記~56杯目

    お立ち寄りいただきありがとうございます。NORAアート部&胃袋部のカツノマサミです。 春です!春真っ盛り!! あっちを見ても春!こっちを見ても春! 八百屋さんを見ても、お花屋さんを見ても、近所の畑を見 […]

映像の持つ力

05映像の持つ力

月いち言伝

06月いち言伝
  • 2021.4.1

    2021年4月

    ソメイヨシノが咲き誇り、少し遅れてヤマザクラ。 ・・・のはずが、ソメイヨシノは場所によってばらばら、 オオシマザクラが先に満開になっていたり、 サクラ開花の順番もばらばら。 山笑う芽吹きも早く、3月末 […]

  • 2021.3.1

    2021年3月

    新型コロナウィルスの蔓延だって、自然災害でしょ? そのものは見えないけれど。 日本では、法令上、自然災害とは、 「暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火 その他の異状な自然現象により生ずる被害 […]

和歌山県高野町富貴暮らし

07和歌山県高野町富貴暮らし
  • 2015.8.29

    なぜいなかに

    田舎、きてますね。田舎暮らし関連のテレビ番組とても多いですし、私が以前お世話になっていた田舎暮らしの相談窓口でも、相談に見える方がとても増えているようです。先日、地元高野山大学の先生から、富貴筒香に移 […]

  • 2015.6.29

    蛇口をひねれば水が出る

    田舎は水がおいしいでしょうね?と言われます。おいしいです!下筒香の先輩は「たまに町に住んでいる息子の家に行くと、水がカルキ臭くて、かなわんね」と言います。そして「水のタンクができてからほんっと助かって […]

イキモノのにぎわい

08イキモノのにぎわい
  • 2013.7.31

    最終回 いのち

    信じられない事だが、このタイミングで新しい命を授かった。 交際期間を含め18年間、これまでそんな兆しはまったくなかったのに。 命が芽生えたのはどうも4月中旬あたりらしい。 この現象に大震災が影響してい […]

  • 2011.2.28

    第18回 われから

    この時期、海岸には色とりどりの海藻が流れつきます。陸上の植物が盛りを 迎える季節とは逆に、海藻や海草は冬に成長し最盛期を迎えます(※)。 今の仕事柄、この時期は海藻に関するプログラムを多く実施します。 […]

ひねもす里山/NORA雑感

09ひねもす里山/NORA雑感

里山と暮らしをつなぐメルマガ

10里山と暮らしをつなぐメルマガ

その他

  • 2021.1.31

    第48回 選米の儀と新米食べ初め

    ★ 里山レシピ(農閑期) 蒔く→ 道具づくり→ 採種 冬は農閑期。と言っても、野良仕事にお休みはないのです。 師走の12月。田んぼは、藁を敷き畑おさめ。 畑では、この時期に芽を出したマメ科に藁囲いで養 […]

  • 2018.7.13

    里山ガーデンの過去と未来を考える(その2)

    NORAでは、2017年5月21日に「意見交換会:里山ガーデンの過去と未来~動物の森公園を考える」を開催、さまざまな意見をいただきました。 過去の資料を調べ、3度の里山ガーデンを経て、私たちはこの場所 […]