Page 1 of 151 2 3 4 15

2023.1.30 第173回 青葉台1967 その6 「昔」の暮らし

1967(昭和42)年、青葉台に引っ越してきたオジサンは、5歳、幼稚園年長だった。 それから10年は、田んぼや野山を駆け巡り、虫などと戯れ、泥だらけの幸せな里山少年。 団地のジャリ!も楽しかった。 そ […]

2022.12.29 第172回 青葉台1967 その5 里山が街に

前回ね、冬でも半ズボン、足を真っ赤にしながら遊んでいた、 教室ではだるまストーブで、当番さんは石炭小屋に石炭を取りに行った、 というような、話をしたけど、、、 1970年が近づいていたころ、おじさんが […]

2022.11.28 第171回 青葉台1967 その4 ミヤマクワガタ

ここにね、おもしろい写真があるよ。 2年生くらいの石田さんとNくんが団地の金網を乗り越えようとしているところ。 たぶん、石田さんのお父さんが撮ったんだな、って思う。 お父さんは、「こらぁ、そんなところ […]

2022.10.29 第170回 青葉台1967 その3 マッカチン

子どものころから、おじさんは田んぼにいたよ。 オタマジャクシやカエルやザリガニと遊んでいたんだよ。 いや、遊んでもらっていたのかもね。 春先の田んぼの水たまり、黒々とザワザワとオタマジャクシのかたまり […]

2022.9.30 第169回 青葉台1967 その2

小学生のころ、たびたび友達や家族と自転車や歩きででかけた。 1960年代後半だね。 でかけた、って言っても近所だよ。 せいぜい半径3㎞くらい。 そのころの青葉台は、まだ住宅も少なく、スカスカした町で、 […]

2022.8.31 第168回 青葉台1967 その1

おじさんはね、 1961年、昭和36年の生まれなんだ。 1961年っていうのはね、戦争が終わって16年、 1960年には、革命が起きそうになって、でも、失敗して、 高度経済成長が始まる、っていう時代な […]

2022.7.31 第167回 さくらんぼスピリッツ

辻先生が残してくれたものを私なりに考えて「さくらんぼスピリッツ」と名付けて、 三つほど、私の経験に基づいて話してみます。 辻先生に初めて会ったのは、50年以上前だったのではないかと思います。 私、子ど […]

2022.6.30 第166回 ラブ アンド ピース イン ア パーク

お昼前、ラベンダー畑に子どもたち、5人。 摘み取り体験イベントに、母たち2人と。 「50本だよ」「10本取ったら渡して」「あと10本を2回」と、母たちの声。 4、5歳の子どもには難しいのかもしれないが […]

2022.5.31 第165回 ノアガリヒマチ

5月31日、朝6時、静かに雨が降っている。 毎月そうしているように、月がかわる前に、このコラムをアップする。 この1月ばかり、いろいろ、人生、激動だった。 そして、この1週間も、日々、いろいろあった。 […]

2022.4.30 第164回 60にして、益々、まどう

夕方、タケノコを掘った。 顔の周辺にやぶ蚊がまとわりついてきた。 「五月蠅い」というか、四月の蚊。 タケノコもそろそろ終わりなのだろうが、 夕方の園内パトロールで5つほどを発見し、 報告すると、 「今 […]

2022.3.31 第163回 How?Why?Why?How?

「どうすれば都市において農福連携が創れますか?」 と、いうようなご質問をいただいた。 ある機関を通じて、相談に対応することとなった。 (いちおう、「専門家」として、、、) 23区内のとある区立の事業所 […]

2022.2.27 第162回 ゴジカラハタケ

5時過ぎに仕事を終えたら、歩いて5分。 みんなの畑(仮称)。 自分の畑に行くなら、車で10分。 春先から秋口まで、夕方に畑に立てる時間が増える予定。 朝や休日に畑に立てる時間も増えるだろう。 定年退職 […]

Page 1 of 151 2 3 4 15