Page 1 of 101 2 3 4 10

2018.2.1 企業的な経営センスと市民ボランティアの組織力を強みとした竹林保全・竹資源活用

今回のコラムは、1月下旬に実施したNPO法人日本の竹ファンクラブの事例調査レポートとする。 これは、森づくり団体の共通課題を解決するのに参考になりそうな先進事例を調査するという林野庁の補助事業で取り組…»

2018.1.1 第82回 大門正克『語る歴史、聞く歴史』

大門正克『語る歴史、聞く歴史―オーラル・ヒストリーの現場から』(岩波新書、2017年) 昨年の夏、山梨から大量にブドウが届いたので、 近くに住む社会学者の関礼子さんのお宅に、おすそ分けにお邪魔したこと…»

2017.12.1 寄り道30 「私にとって大事な環境を私たちの手に取り戻す運動」に参加するまで

12/3(日)環境社会学会大会シンポジウム「環境社会学と「社会運動」研究の接点 ―いま環境運動研究が問うべきこと」に登壇する。 私は「私にとって大事な環境を私たちの手に取り戻す運動論」と題し、 自分の…»

2017.11.1 寄り道29 まちの近くの里山の環境倫理ゼミナールを始める理由

今年5月に「まちの近くで里山をいかすシゴトづくり」の理念(ver.1)を書いた。 これを「理念1」とすると、今回のコラムはこの続きで「理念2」に当たる。 まずは、11月9日から始める「まちの近くの里山…»

2017.10.1 第81回 『日本と再生―光と風のギガワット作戦』(監督:河合弘之)

『日本と再生―光と風のギガワット作戦』(監督:河合弘之) 10月1日(日)、恵泉女学園大学(多摩市)で本作の上映会が開かれた。 大学が主催し、知り合いの多い(一社)多摩循環型エネルギー協会が共催する、…»

2017.9.1 第80回 三浦小太郎『渡辺京二』+渡辺京二『近代の呪い』

三浦小太郎『渡辺京二』(言視舎、2016年)+渡辺京二『近代の呪い』(平凡社新書、2013年)   近年、本屋に行くと渡辺京二氏の著作や関連本が、かなり目立つように感じる。 これは、渡辺氏が70代後半…»

2017.8.1 第79回 家族について考える5冊―『小倉昌男 祈りと経営』(森健)ほか

先日、学内の礼拝の場で、10代の頃に悩んでいたプライベートな問題について、特に家族や地域との関係について、話をする機会があった。 (→「寄り道28 選ぶこと、受け入れること」) すでに、断片的にはいく…»

2017.7.6 寄り道28 選ぶこと、受け入れること

私は毎年、年に1回ですが、礼拝の担当をお引き受けして、自分の経験をふりかえり、お話しする機会をいただいています。話す内容を考えるときにいつも心がけることは、自分が学生だった頃を思い出しつつ、普段あまり…»

2017.7.1 第78回 『縮充する日本』(山崎亮)

山崎亮, 2016, 『縮充する日本―「参加」が創り出す人口減少社会の希望』PHP研究所. 先日のプレミアムフライデーに、家の近くで開かれた町田市主催の 「これからの公共施設のあり方について」の市民説…»

2017.6.1 第77回 『どうすれば環境保全はうまくいくのか』(宮内泰介編)

宮内泰介編, 2017, 『どうすれば環境保全はうまくいくのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の進め方』新泉社. 本書は、宮内さんが代表を務める大型研究プロジェクトの成果物であり、 3年前に出版さ…»

2017.5.1 寄り道27 「まちの近くで里山をいかすシゴトづくり」の理念(ver.1)

昨年から、「まちの近くで里山をいかすシゴトづくり」というプロジェクト名を掲げ、 主として地理的には横浜・多摩地域を念頭に置きながら問題を提起し、 関心のある人、集団、組織とのネットワークづくりを進めて…»

2017.4.1 第76回 『標的の島 風かたか』(監督:三上智恵)

『標的の島 風(かじ)かたか』(監督:三上智恵、2017年、119分) 本作品は、『標的の村』『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』に続く 三上智恵監督によるドキュメンタリー映画である。 これまでの三…»

Page 1 of 101 2 3 4 10