第20回 稲の花が咲いた。1粒から1000粒のお米へ!

2018.10.1
映像の持つ力

「稲の花が咲いてるよ」教えてもらったのに、どれが咲いてるか分からなーい。だって、ひとつの穂には100個ほどつぶつぶが並んでいる。このつぶつぶ、出穂(しゅっすい)と言うのですね。茎から米になる穂が出てくる。この青い穂が、1本の茎から80-100粒も出ています。

これは観察用にベランダで育てている稲(9月23日)

 

網かけ前の田んぼ(9月2日)

スズメ除けの網をかけた田んぼの稲。(9月9日)

田んぼの稲は、もうスズメよけの網をかけているため中には入れません。

稲の花は、穂先の上から下に開花する。しかも、1つの花が咲くのは1時間ほどって言うじゃありませんか。電話でも出ようものなら見逃してしまう。

100粒ぐらいの穂を上から下までくまなく観るけど、開花して籾の先にちょこんと白い雄しべを出している穂もあるし、どれか分からなーい。ちょうど手の話せない用事があり落ち着いて見られない。うーん、この日は諦め観察は来週に延期。

上の方はすでに花が咲き終わっている

開花の1時間を逃すわけにはいかない。予習をすることに。そんなときにお助けなのが本。絵と写真がふんだんに使われ、初心者のわたしでも分かりやすい。

農文協の「写真でわかるぼくらのイネつくり第3巻」が、とても参考になりました!!


(本のリンクはこちらを(農文協サイトへ移動します))

 

10時過ぎて・・・「花が咲いているよ」と報告あり!!2〜3粒、2つの穂に花が咲いているのを確認。

赤丸のところ、稲の花が咲いた!
出穂が一粒、チューリップみたいにぱかっと真ん中が開いている!これが稲の花が咲いたとこ。
時間は10:52分。

今度は、スマホで写真を撮るのだけど、なかなかピントが合わない。ミラーレスでマクロ撮影すべきでした。(T ^ T)。

そして50分後…。11:40分ごろに確認すると、もう花が閉じている。ほんと、稲が咲くのは1時間ほどなんですね! 下の出穂が咲いたから、この穂全体が開花、受粉、受精を繰り返した証拠。後は花の中の胚にお米が充満してゆくのを待つばかり・・。

さらに1週間後・・
ずいぶん胚にデンプンが満ちてきたようです。穂の先が重くなり垂れている。

 

これは田んぼの稲。奥の背が高い稲が昔の品種の稲。むかしは稲わらは大事な道具づくりの材料でもありました。

「お米より稲わらが欲しくて稲を育てる」と言われるほど。
手前の背の低いのが最近の品種。少なくとも現在では、道具として使う稲わらの需要が減っていることが分かりますね。

こちらの網かけ前の田で写真で紹介した写真でいうと、ちょうど、真ん中で実っているのが背丈の低い最近の品種です。

1粒のお米が1000粒になる。この収量がとれるまで、一体どれぐらいの改良が行われてきたことでしょう。手作業だけの家庭菜園でも、来年の豊作になるよう、よく実った穂を選んだり、成熟する時期がいつのなのか、自分たちとって都合のよいものを選び、種もみとして残します。

1粒のお米が1000粒になるまで、とことん田植えをコントロールしてきたのでしょう。田んぼや畑って自然に拠るところが大きいから、受け身っておもいがちだけど、主体的な仕事が1000倍を可能にしたのですよね。ほんと、わたしは良いとこ取りさせてもらっています。

オマケ❤️❤️❤️
田んぼの脇のマコモ。イネ科だから根っこの分蘖(ぶんけつ)が稲に似ていますね!!
根元でふくらんでいるのがマコモダケ。9月末、マコモは旬を迎えました!!

稲の渡来よりも古い縄文中期の遺跡から発見されているマコモ。何も手を入れていないのに今年もマコモタケが採れた。マコモは豊作の象徴。よしよし、このままお米も無事、刈り取りできますように・・。

(中川美帆)

 

▽ ▽ ▽ 10月28日(日)、はまどまシアター、里山の恵み上映会では・・「稲ワラの恵み」を上映します。。、食べ物以上に、生活を助ける道具だった「稲」。ワラから縄をつくり様々な道具に変えて行きました。

ワラ縄、ムシロ 、ツブラ、バンドリ、ユキワラジ、ワラジ 、アシナカ・・。
今で言うと、お米の袋、雨のマント、ブーツ、玄関マット、レジャーシートでしょうか。

柔らかく中が空洞のため保温にも優れている稲わらを利用した、身の回りの自然を生かす暮らし、その知恵をぜひ一緒に観ましょう!!。

タワシも亀の子束子が開発される前は稲わらから作りました。タワシって自分で作れるのですね!!

『 稲ワラの恵み 』(1977年制作・ 56分・撮影地:岐阜県大野郡白川村荻町・馬狩(57分)

<日時>2018年10月28日(日)15:30~、18:30~(開場30分前、各回入替制)

[昼の部 ] 15:00開場、15:30上映開始~17:30終了
[夜の部 ] 18:00開場、18:30上映開始~20:30終了

<場所>はまどま(横浜市南区宿町 2-40 大和ビル 119)

上映会の詳細、お申し込みは→こちらのページまで

映像の持つ力