芋煮~39杯目

2019.10.26
神奈川野菜で大盛りNORAご飯

お立ち寄りいただきありがとうございます。NORAアート部&胃袋部のカツノマサミです。

驚きです…今年もあとカレンダー2枚になりました!…あんなに暑かった夏は、つい「先日」だったはずだぞ!と叫んでみても、今年もあと二か月なんです!!

陽気もだんだんと朝夕と肌寒くなって、冷蔵庫に常備していた麦茶が、朝の白湯と日中は温かいほうじ茶になり、冷たい素麺が温麺になり、冷奴が湯豆腐になり…暑いとヤル気があまり起きなかった料理にもバリエーションが蘇ってきました。(1年中、食欲の落ちない私ではありますが…)

そんな中、たびたびテーブルに出てくるようになったのは汁もの。ご飯が大好きなので、やはりお供は汁ものがいいですね。川口糀さんのところで作った手前味噌を筆頭に、美味しいお醤油で味付けたり、出汁をしっかりひいて塩だけの味付けも。具もそれぞれ。だいたい、家にいる野菜がメインです。

で、今回のメニューは?そろそろ根菜が出るころ。里芋、ゴボウ、ニンジン…今年は台風の影響で冬の葉物野菜の出来がとても心配されます(NORA野菜市の三好さんは、本気で葉物野菜はないかもしれないから、今のうちに手に入る野菜を乾燥野菜にしておいた方がいいかもよ…なんて)。根菜は果たして?

先日、東北に旅をしてきて、スーパーに「芋煮」用の食材が豊富に並んでいることに、果てしない地域愛を感じました。

野菜もそうだし、こんにゃくや油揚げなども…ああああ、これを大きな鍋で、たっぷりの野菜と煮込むんだ…牛肉とかも入ってさ…お醤油で味つけてさ…ん??…そういえば本場の芋煮って、どう作るんだ??…と思っていたら!教えていただきました!横浜在住だけれども、本場の芋煮を食べたことのあるという、絶好のネタを持っていらっしゃる方に…レシピを伺いました!!

という訳で、今回のメニューは「芋煮」!
もしかして、私の連載中で最短のメニュー名です!

【材料…丼で2人前】里芋8個、ニンジン2本、大根半本、キノコ何でも(私はマイタケを入れました。ナメコもおススメ!)、ごぼう1本、長ネギ1本、牛肉200g、お醤油適宜、オイル(私は菜種油使用)

1…材料を切ります。里芋は皮をむいて一口大。ニンジン、大根は半月切り。ゴボウはささがきにして酢水にさらしておきます。マイタケは手で割いて。長ネギは斜め切りにします。

2…牛肉…なぜか豚肉より緊張する…(なぜ緊張??)適当な大きさに切ります。

3…まずは鍋に油を敷き温めます。そこに牛肉様を入れて炒めます。

4…色が変わったら水を入れる!ええと、適量!アクが出るので取ります。

5…キノコ以外の野菜投入!柔らかくなるまでコトコト。キノコ入れてさらに煮込みます。味を見たら…なんかものすごい芳醇な味…豚汁の味付けする前とはまた違うぞ…。

6…味付けは…お醤油のみ!えーーーーーーーーーーーーーーーー!!お酒とか入れないの?お醤油だけ??(←全然信じていない)ドキドキドキドキドキドキ。

ええと。以上です。

肉炒める→水→野菜投入→煮込む→お醤油入れる

シンプル。

で。味を見たんです。…これが本気で美味しいんです。なんか入れたくなる私の衝動を覆すかのような…なんだ、この旨味…。

レシピを教わったときも「えーーーーーーーーーーーーーーーー!!」って叫んだんです。
でも味付けは「醤油だけ」ってあっさり言われて。

そしたら本当にお醤油だけで美味しかったという奇跡。

野菜と牛肉の底力を見た芋煮でした!
レシピ教えていただき、ありがとうございました。
ご馳走さまでした!!!

※上の写真のご飯には、炊けたご飯に、さっと油で炒めてお醤油ぐるりで味付けたマイタケと炒った白ごまが入っています。炊きこまないご飯。卵焼きには、おネギの青い部分を刻んで。

さてさて、次回も神奈川野菜で満腹になりましょう!!

(かっちゃん)