02月08日 (土)|森ボラ体験会 in まさかりが淵_報告

まさかりが渕市民の森は、民話の残る宇田川「まさかりが淵」に隣接するなだらかな森です。
春には梅や桜などの花を楽しむことができます。
オオシオカラトンボやノコギリクワガタなどの昆虫も見ることがあります。
この森は、森づくり活動団体「みどりの学校」が活動し、雑木林の手入れや活用を行っています。

森づくりボランティア体験会では、昨年の台風の影響による落ち枝の片付け、
アオキ等の常緑樹の除伐により、明るい見通しのよい園路と
春に新たな植生の回復が期待できる森に再生することができました。

~活動概要~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日  時:令和2年2月8日(土)9:00~12:00
場  所:まさかりが淵市民の森(横浜市戸塚区)
現地団体:みどりの学校
参 加 者:ボランティア10名、リーダー等4名(NORA)、横浜市みどりアップ推進課
作  業:台風の影響による落枝の片付け、アオキ等常緑樹の除伐

活動の様子です。

 

 

 

 

 

JR戸塚駅に集合しバスで移動しました。

 

 

 

 

 

森内の様子やトイレの場所を確認しながら現地へ向かいます。

 

 

 

 

 

参加者・スタッフ紹介、スケジュールの確認を行います。

 

 

 

 

 

活動団体(みどりの学校)の紹介、まさかりが淵市民の愛護会会長の挨拶をいただきました。

 

 

 

 

 

資料を見ながら森づくり活動の説明

 

 

 

 

作業を想定しながら参加者全員で危険予知(KY)を行います。

 

 

 

 

 

道具を装着します。

 

 

 

 

 

2班に分かれて作業現場を確認。

 

 

 

 

 

斜面地での落枝の片付け。

 

 

 

 

 

班ごとに連携しながら運搬。

 

 

 

 

 

斜面下へ集積します。

 

 

 

 

 

アオキ等常緑樹の除伐。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森づくりボランティアの活躍で、森がこんなに明るくなりました。
活動前(左) 活動後(右)

 

 

 

 

 

集積場にもこんなに積みあがりました。

 

 

 

 

 

道具の手入れと片付け。

 

 

 

 

 

活動の振り返りを行いアンケートに記入いただいて終了です。

 

 

 

 

 

今回はみどりの学校の皆さんに温かいお味噌汁とお漬物をいただきました。感謝です。

森づくりボランティア体験会へのご参加ありがとうございました!