09月26日 (日)|神奈川野菜で季節を感じる「薬膳ごはん」~開催しました!

久しぶりの内倉さんの薬膳ごはん!
前回は…なんと二年前でした!!→★★★

今の季節で大切なのは、これから来る「乾燥」から
体を守るための食材を積極的に摂ること。

ポイントは「白い食材」だそうです。
例えば、山芋とか、お豆腐とか、梨とか、レンコンとか
白きくらげなんてのもいいそうです。

色で分かるといいですね!スーパーとかで
「白いもの…白いもの…」と探せばいい♪

今回もまずは内倉さんからの薬膳の座学に始まり
(生活に活用できること、たくさん教わりました!)
…この講座の特徴でもある【自分のやってみたい工程をやる!】
私これ作る~!とノリノリでキッチンへ!


★今日のお献立は
主食: 黒米と雑穀のご飯 (健脾益気 潤肺止咳)
主菜: 蓮根蒸し (健脾開胃止瀉 補中益気 清熱解毒)
副菜: 春菊と柿とキクラゲの胡麻酢和え (清肺化痰 清熱潤肺 滋陰潤肺)
汁物: 山芋の菊花汁 (補脾養胃 生津益肺 疏散風熱)
デザート: 梨と棗のコンポート白ワイン仕立て (清熱化痰 生津潤燥 補中益気 養心安神)
季節のお茶とともに。

この食材はこれで代用できる?とか
あのお店で売っていたね!とか、そんな情報飛び交う中
手は動く動く!

レンコンの蒸し物の中には鶏ひき肉のショウガが効いたお団子が入っているのですが
お団子は一度サッと煮てから…この煮た煮汁も!もったいないので晩御飯に~と
最後まで素材をムダにしませんぞ!

今回は白い食材が多いですが、それと組み合わせる食材によって
器の中は秋らしくなっていきます。
キノコとか菊花とか柿とか!

続々と完成すると、本当にワクワクします!
テーブルの上が秋満開!



甘い、酸っぱい、ほんのりお塩、苦味、ツルツル、コリコリ、ふんわり…
まさに五感で味わいました!美味しかった~!!


次回は来年1月23日(日)開催です!

(2021.9.26  ヤノマサミ)