09月28日 (土)|森ボラ体験会 in 上川井市民の森_報告

上川井市民森は、瀬谷市民の森、追分市民の森に接する、スギ、ヒノキなどの針葉樹を主体とした森です。
林内には、せせらぎや湿地なども見られます。
この森は、活動する市民ボランティア団体がないため、林内には、夏に育った下草や常緑樹が侵入し風通しの悪い暗い森になりつつあります。また、9月初めの台風で、多くの枝が折れて、樹林地内に散乱していました。
森づくりボランティア体験会で、市民の森入り口付近の園路周辺が、見通しのいい明るい森になりました。

~活動概要~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日  時:令和元年9月28日(土)9:00~12:00
場  所:上川井市民の森(横浜市旭区)
現地団体:なし
参 加 者:ボランティア10名、リーダー等4名(NORA)、横浜市みどりアップ推進課
作  業:樹林地内に落下している枝の片づけ、常緑樹の除伐

活動の様子です。

 

 

 

 

 

 

朝9時に相鉄線三ツ境駅に集合 バスで上川井市民森まで移動しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着後、市民の森の成り立ち、樹林地の植物、保全の意味などについて、
みどりアップ推進課の山野さんより教えてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市民の森を見たあと、活動の説明、危険予知(KY)をおこない、活動の準備をしました。

 

 

 

 

 

 

準備が出来たら、2班に分かれて活動内容、注意事項の確認を行いました。(上部枯れ枝なし!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

活動の前半、樹林地内の枯れ枝や台風で落ちた枝の片付けです。

 

 

 

 

 

 

後半は常緑樹の除伐(木を切る)作業です。樹林地の管理、除伐の意味などについて説明を受けました。

 

 

 

 

 

 

新しい作業前には必ず安全を確認します。 道具の使い方も教わりながら

 

 

 

 

 

 

直径10cmぐらいの常緑樹の伐採も行いました。

 

 

 

 

 

 

片付けまでが伐採の仕事、切った木は各自片づけます。

 

 

 

 

 

2時半ほどの活動で、こんなにすっきりしました。(左:活動前、右:活動後)

 

 

 

 

 

 

活動終了後のまとめの会:けがや事故もなく、無事終了しました。

 

 

 

 

 

使った道具を片づけ、アンケート記入いただいた後に解散となりました。
森づくりボランティア体験会へのご参加ありがとうございました。