09月24日 (日)|第1回 グリーンウッドワークワークショップ 定例化しました

里山保全活動で産出する間伐材を「資源」として見直していく新たな活動として、昨年度開始した
グリーンウッドワークワークショップ(GWW)を今年度は定例化しました。

かつての里山では、人の営みに必要な薪などの燃料としての資源ばかりでなく、木工品の材料としても多く活用されていました。
グリーンウドワーク(生木木工)は、石油化学製品に囲まれてしまった昨今、里山保全活動で産出する間伐材(生木)を「資源」として見直していく活動です。

/////////////////////////////////////

第1回 鍋敷きづくり、使用する材の玉切り、加工
開催日 2023年9月24日(日)
講師 高橋 敏氏 (木工 たかはし 代表)

GWWは川井緑地の定例活動日に開催されています。

初めての定例活動 海上づくりから行いました。

最初に当日GWWで使用する材料を間伐予定の木から選定しました

参加者自ら伐採します

グリーンウッドワークの紹介とレクチャーです

鍋敷きづくり

成果品です

初めてのグリーンウッドワークへのご参加ありがとうございました

   

今年度は本事業は、国土緑化推進機構の緑の募金の支援を受けて実施します。
本事業で使用した「緑の募金」は、ENEOS株式会社からの寄付によるものです。

報告 | 間伐材を活かすGウッドワーク