10月26日 (土)|ヤマアカガエルが早春に産卵する湿地が台風の被害でピンチですin 瀬上市民の森

瀬上市民の森は、横浜最大の緑地である横浜南部の円海山周の一角を占めています。横浜の原風景ともいえる谷戸につくられた「瀬上池」を中心に、樹林地、竹林、小川、湿地、谷戸田などがモザイクのように多様な環境をつくり、その環境の中で、横浜の在来の生きものがたくさんくらしています。
この瀬上市民の森び象徴「瀬上池」の少し下流にある湿地は、谷戸を代表する生きものの一ヤマアカガエルの最大規模の産卵場所です。
ところが9月上旬の台風15号とその前の横浜南部の大雨は瀬上市民の森にも大きな被害を与え、土砂崩れや多くの倒木があり、この湿地も大半が上流からの砂で埋まってしまいました。このままでは例年のような産卵は期待できません。カエルたちがまた来春もこの水辺にもどって来てくれるよう、ヨシ刈と砂上げによる水路の再生を進めていく必要がありました。来年もこの水辺に彼らがもどって来てくれるようにレンジャーズのみなさんと水辺の整備を行いました。

~ミッション詳細~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日  時:10月26日(土) 9:20~12:30
現地団体:瀬上さとやまもりの会のみなさん
場  所:瀬上市民の森(横浜市緑区栄区)
参 加 者:レンジャー5名、リーダー1名(NORA)、瀬上さとやまもりの会のみなさん
作  業:湿地の水路の泥上げと補修、ヨシ原の草刈り(手刈り)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

活動の様子です。


受け入れ団体より本日の作業内容の説明です

作業現場にて再度説明を受けます

草刈り部隊

台風の大雨で埋まってしまった水路から地道に砂上げ

休憩中の即席ミニ観察会

まだまだ砂を上げます

草刈り部隊も奮闘中

かなり上げました

砂上げした水路の一部

流れに沿って砂を上げていきます

そろそろ作業終了です。皆さんの頑張りでかなり水路を再生できました。

使った道具を手入れして終了です。お疲れ様でした。