09月21日 (土)|横浜の雑木林のお手入れ in 保土ヶ谷・桜ヶ丘緑地

桜ヶ丘緑地は、横浜駅から電車で5分ほど、保土ヶ谷区の市街地の中に残る、神奈川県が所有する斜面樹林地を主体としたトラスト緑地です。元はビール瓶工場の福利施設があった場所で、所々に当時の遺構もある面白いフィールドです。
15年間放置されていたテニスコート跡地に湧水を活用した水田がつくられるなど、里山景観が復元しつつあります。
急斜面であったために残された緑地ですが、そこに台風の爪痕が。

活動予定を変更し、緑地で活動する「桜ヶ丘・水辺のある森再生プロジェクト」の皆さんと一緒に、台風の後片付けを行い、レンジャーズ隊員の活躍で、一気に後から付けが進みました。

~ミッション詳細~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日  時:2019年9月21日(土) 9:40~12:00
現地団体:桜ヶ丘・水辺のある森再生プロジェクトのみなさん
場  所:桜ヶ丘緑地(横浜市保土ケ谷区)
参 加 者:レンジャー10名、リーダー1名(NORA)、桜ヶ丘・水辺のある森再生プロジェクトのみなさん
作  業:台風で倒れた木や落ちだ枝の片付け、倒れた田んぼの稲の保全

活動の様子です

台風被害の様子、作業内容の説明を受けました

 

準備体操は大切です

 

活動はじめのウォーミングアップ。再生プロジェクトのみなさんが集めた枝を片付けました。

 

田んぼの倒れた稲の立て直しもお手伝いしました。

   

だんだんと山に入っていきます

 

作業も大分慣れてきてたので、大きな木も片付けました

 

片付けがほとんど終わりました。写真ではわかりにくいです

活動結果をみんなで確認し
 

終わりの会
レンジャーズのみなさんの活躍で、また里山が守られました
活動の機会wいただいた桜ヶ丘・水辺のある森再生プロジェクトのみなさまに感謝です!

よこはま里山レンジャーズ | 記事