06月15日 (土)|イモ掘り・豆植え&ホタル観賞Green Gift報告

日時:2019年6月15日(土)14:30~20:00
場所:城北センターおよび小松・城北地区の里山エリア(神奈川県相模原市緑区)
参加者:親子15組42名
主催:NPO法人よこはま里山研究所、共催:日本NPOセンター
協力:「小松・城北」里山をまもる会、関東EPO、協賛=東京海上日動火災保険株式会社
後援:環境省、神奈川県、相模原市
(参考)→募集案内

イベント概要

14:30 開会、オリエンテーション
15:00 里山の説明、夕食の仕込み
16:00 大豆の植え付け、川と畑の観察、ジャガイモ収穫体験
17:30 ホタルのお話
18:00 夕食、片づけ
19:15 ホタル観賞
20:00 閉会

活動内容

あいにくの雨模様、しかも本格的な雨だったため、当日キャンセルされた方もいらっしゃいましたが、15組の親子にご参加いただきました。
当初予定していたタイムテーブルにこだわらず、天気予報を確かめつつ安全優先で川や畑の様子見ながら、柔軟にプログラムの順序を入れ替えて実施し、ほぼ予定していた内容を実施することができました。
地域で採れたジャガイモ、タマネギ、ズッキーニなどを親子で適当なサイズに切り、煮込んでカレーライスを作って食べました。また、今回植えた大豆は、9月に予定されているイベントで収穫し、枝豆を食べる予定です。
夕食後、奇跡的に雨が止み、あたりが暗くなった頃には、ホテルを観賞することができました。雨の中、参加してくださった方々へのプレゼントだったと思います。

参加者からの声

・ジャガイモ掘りが楽しかった。雨だったけど、ホタルが見られて楽しかった。おともだち(同じくらいの年齢の子どもたち)がたくさんいて楽しかった。
・こういうところは楽しい、好き。また行きたいね。ジャガイモ畑で足が抜けないかと思って焦った。ジャガイモたくさん取れた!
・全体的には良かった。せっかく地元の人が説明をしているときに小さい子供がうるさく聞こえなかったり集中できなかった。低学年と高学年のプログラムを分けた方が良いと思った。
・雨だけど、じゃぶじゃぶと土いじりができて楽しかった。
・子供はジャガイモ堀りを楽しみにしていました。雨が降ってしまって畑での作業が短くなってしまったのが少し残念でした。

          

まちの近くで里山シゴトづくり | 記事