10月27日 (土)|ヤマアカガエルの産卵場所を守る湿地の草刈りin 瀬上市民の森

瀬上市民の森は、横浜最大の緑地である横浜南部の円海山周の一角を占めています。横浜の原風景ともいえる谷戸につくられた「瀬上池」を中心に、樹林地、竹林、小川、湿地、谷戸田などがモザイクのように多様な環境をつくり、その環境の中で、横浜の在来の生きものがたくさんくらしています。
この瀬上市民の森び象徴「瀬上池」の少し下流にある湿地は、谷戸を代表する生きものの一ヤマアカガエルの最大規模の産卵場所です。
1月から3月のヤマアカガエルの産卵にむけ、来年もこの水辺に彼らがもどって来てくれるようにレンジャーズのみなさんと水辺の整備を行いました。

~ミッション詳細~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日  時:10月27日(土) 9:30~12:30
現地団体:瀬上さとやまもりの会のみなさん
場  所:瀬上市民の森(横浜市緑区栄区)
参 加 者:レンジャー7名、リーダー2名(NORA)、瀬上さとやまもりの会のみなさん
作  業:湿地の草刈り
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

住宅街を抜け瀬上市民の森に到着です。 瀬上さとやまもりの会の中塚さんにご挨拶


荷物置き場、着替え場所を聞いて、   レンジャーズスタイルでミーティング


道具をもってヤマアカガエルの産卵場所へ、作業内容の説明を受けました


草刈りには大鎌を使いました。使い方を教わり、みんなで草刈り作業

   
約30分で草刈り完了!きれいになりました。レンジャーズパワーの成果です。


後半戦、木道の反対側の草刈りを行いました。

    
大鎌で刈った草を集める方法もマスターし、すっかりきれいになりました。

 
草刈り後水路からトウキョウダルマガエルとヤマアカガエルが見つかりました。

 
作業終了後道具を洗って、再びミーティング来年の2月にヤマアカガエルが産卵にきてくれることを期待して解散

瀬上さとやまもりの会のみなさま、貴重な経験ありがとうございました。(しま)

よこはま里山レンジャーズ | 記事