01月27日 (金)|はまどまシアター〈最新〉2017年2〜6月 上映会スケジュール

郷土映像ラボラトリーとNORAの共催による映画上映会(はまどまシアター)です。
日本の歴史、文化、暮らし、風土を記録した映像の上映会です。それらを追い続けてきた民族文化映像研究所(民映研)の記録映像を中心に上映します。

1950年代末から60年代にかけて、急激な社会の変化の中で、日本列島で脈々と伝えられてきたものが一気に失われていきました。手仕事、ワザ、生活様式、祭り、祈り・・・。
映像に映し出される人々の姿から、今と、これからを生きる私たちは、何をくみ取ることができるのでしょうか。きっと、一人ひとり、違うはずです。お互いが感じたことを話し合ってみるのも、おもしろいと思います。

はまどまシアター上映会スケジュール

原則、毎月第4日曜日、(昼)15時~17時/(夜)18時~20時の2回催します。定員入替制。

上映後は懇親会をします。昼の部は茶菓子を、夜の部は夕食を用意します。ぜひ懇談会にもご参加下さい。

※ 2/26(日)は特別上映につき上映開始時間が変わります。
昼の部 12:00~。夜の部 17:00〜。

日時・内容

2/26(日) 終了しました。

  • 『越後奥三面~山に生かされた日々』145分
    – 優秀映画鑑賞会特選、日本映画ペンクラブ特別推薦、日本映画ペンクラブ・ノンシアトリカル部門第1位、キネマ旬報文化映画ベストテン2位、シカゴ国際映画祭ドキュメンタリー部門銀賞
    ※昼の部12時~夜の部17時〜、前売2,000円 当日2,500円

3/26(日)

→ 都合によりお休みします。

4/23(日)

  • 『大隅・薩摩の春まつり』1981年43分

春、鹿児島では「打植え」のまつりが行われる。大地の目覚めを促し、稲作の方策を願う春のまつり。

  • 『佐渡の車田植』1981年32分

稲作の豊作を願う儀礼。

* お申し込みはこちらのフォームからお願いします。

5/28(日)

  • 『アイヌの丸木舟』1978年47分

アイヌの伝統生活は川を中心とした狩猟漁労生活であった。そういう生活にとって船は重要な生活道具であった。

6/25(日)

  • 『川越まつり』1990年49分

埼玉県川越市は江戸時代には農産物の集散地として栄え江戸との交流が盛んであった。華やかな江戸文化ももたらされた。川越まつりはその江戸文化が花開く。町衆の熱意と力で支えられ、時代が変わっても変わることなく今日まで伝えられた。

2016年12月、川越氷川祭の山車行事を含む山・鉾・屋台行事が世界無形文化遺産への登録が決まった。川越まつりは山車行事で有名であるが氷川神社の例大祭である。例大祭は6月から準備がはじまる。準備からの記録。

場 所

はまどま(横浜市南区宿町2-40大和ビル119)
※京浜急行線「南太田」駅から徒歩7分
横浜市営地下鉄ブルーライン「蒔田」駅から徒歩3分

参加費

2,000円(会員・一般共通)
※2/26(日)は特別会費 前売り2,000円、当日 2,500円

お申込み

下記よりお申し込みください。
※ 昼の部か夜の部か、参加の部をご明記ください。

●お名前 (*必須)
…複数名お申込みの場合は、代表者のみ入力お願いします(以下同)

●メールアドレス (*必須)

●参加日 (*必須)
…お手数ですが間違いを防ぐために入力お願いします
月 

●参加人数 (*必須)

●当日連絡がとれる電話番号 (*必須)
…ハイフン不要です  記入例)090xxxx1234

●お住いの地域
…町名まで入力お願いします  記入例)横浜市南区宿町

●年代

●メッセージ …ご希望やご不明な点など

captcha 画像の英数字を入力してください(スパムメール防止のため)

※当法人の個人情報の取り扱いについてはこちらをご覧下さい。