03月14日 (月)|『食べもの通信』読者会

zoomオンラインで!

『食べもの通信読者会』不確かな、不安いっぱいの時代だから、確かな情報を!

心と体・社会の健康を願う家庭栄養研究会編集の月刊情報誌『食べもの通信』は創刊53年になりました。
お近くの書店でもお取り扱いできます。

日 時

2022年3月14日(月) 19:00~21:00

場 所

リモート開催

内 容

信頼できる情報をたよりに、学び合い、分かち合う場を作ります。未購読の方もお気軽にご参加下さい。

最新3月号の特集①和風レシピでも十分カルシウムとれます。大切なカルシウムの働き
②原発事故11年目。命と暮らしは今。現在の食材汚染。

多彩で役に立つ情報、ひとりでは見過ごしてしまう情報もみんなで読み合うと気が付くことがいっぱいです。

購読の申し込みは、03-3518-0623「たべもの通信社」へ。

「食べもの通信」の公式HPはこちらから★★

(担当:三好豊)

参加費

参加費ははまどま運営協力費として500円・6回分前納2000円(回数券方式)です。

新型コロナウイルス対策

■NORA全体に共通する感染予防対策について
『新型コロナウイルス感染拡大防止対策を踏まえた活動再開に向けて』

■「はまどま」での新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(要旨)
★参加者の皆様、ご協力をお願いします
①南北の出入り口を開け扇風機も使って換気します。冷房・暖房を併用します。

②参加者の定員はスタッフ(主催者)を除き9名とします。

③テーブルは6台あります。1席を空け、正面に向き合って座らないように交互に座席を配置します。9席になります。スタッフ(主催者)も共に座る場合は定員の9名に含みます。

④参加者はマスクを着用します。予備のマスクを「はまどま」に常備します。飲食中、お香づくりの作業中はこの限りではありませんが、大きな声を出すことを控えます。

⑤参加者が、手指の洗浄をこまめにできるようにします。ポンプ式石鹸とペーパータオルを配置します。

⑥参加にあたって、健康状態の確認項目にもとづき記録します。状況によっては参加を見合わせていただきます。※必要に応じ保健所に情報提供することがあることを参加者に承諾していただきます。

⑦手指が触れる場所の消毒・拭き取りを確認項目にもとづき行います。企画開始前と終了前に行います。

⑧後日(14日後までを目途に)、参加者が新型コロナウイルス感染の陽性になった場合、すみやかに主催者に連絡をいただき、主催者は参加者全員に連絡します。あわせて、保健所に報告します。コロナと疑われる症状が出た場合も速やかに主催者にご連絡ください。その後の判断は保健所に仰ぎます。

⑨NORAの個人情報保護方針では、第三者に対して個人情報を提供しないとしていますが、クラスターが発生した場合は、関係機関に個人情報を提供することがあります。

⑩新型コロナウイルスの今後の感染拡大状況をふまえ、「はまどま」での企画開催の是非をNPO法人よこはま里山研究所・NORA「運営連絡協議会」にて協議のうえ判断します。

お申込み

下記よりお申し込みください。

◎申し込みフォーム:

    ●お名前 (*必須)
    …複数名お申込みの場合は、代表者のみ入力お願いします(以下同)

    ●メールアドレス (*必須)

    ●参加日 (*必須)
    …お手数ですが間違いを防ぐために入力お願いします
    月 

    ●参加人数 (*必須)

    ●当日連絡がとれる電話番号 (*必須)
    …ハイフン不要です  記入例)090xxxx1234

    ●お住いの地域
    …町名まで入力お願いします  記入例)横浜市南区宿町

    ●年代

    ●メッセージ …ご希望やご不明な点など

    captcha 画像の英数字を入力してください(スパムメール防止のため)

     

    ◎個人情報取り扱いについて:
    ※当法人の個人情報の取り扱いについてはこちらをご覧下さい。