読みもの一覧

雨の日も里山三昧

00雨の日も里山三昧
  • 2022.10.1

    第121回 遠藤邦夫『水俣病事件を旅する』

    遠藤邦夫『水俣病事件を旅する』(2021年、国書刊行会) 本書は、1989年に水俣病センター相思社の職員となり、現在は理事を務めている著者の視点から、水俣病事件について考えた優れた当事者研究である。 […]

  • 2022.9.1

    第111回 マッカスキル『効果的な利他主義』

    ウィリアム・マッカスキル『〈効果的な利他主義〉宣言! ―慈善活動への科学的アプローチ』(2018年、新泉社) 横浜市からいただいている仕事で、NPOの組織基盤強化に関わっている。 NPOは、団体の目的 […]

いしだのおじさんの田園都市生活

01いしだのおじさんの田園都市生活
  • 2022.9.30

    第169回 青葉台1967 その2

    小学生のころ、たびたび友達や家族と自転車や歩きででかけた。 1960年代後半だね。 でかけた、って言っても近所だよ。 せいぜい半径3㎞くらい。 そのころの青葉台は、まだ住宅も少なく、スカスカした町で、 […]

  • 2022.8.31

    第168回 青葉台1967 その1

    おじさんはね、 1961年、昭和36年の生まれなんだ。 1961年っていうのはね、戦争が終わって16年、 1960年には、革命が起きそうになって、でも、失敗して、 高度経済成長が始まる、っていう時代な […]

神奈川・緑の劇場

02神奈川・緑の劇場
  • 2022.9.30

    神奈川・緑の劇場 vol.15

    梨ひとつ喰えぬ子らにも国葬儀 最年少をいつまでも! 嬉しいことに、幅広い年代の方々と親しくお付き合いさせていただいています。先日は、80代の女性3人と男性1人に70代男性、60代二人の男性でベトナム料 […]

  • 2022.8.28

    神奈川・緑の劇場 vol.14

    50年未来づくりプロジェクト 新型コロナウイルスの感染が始まって3年目の夏が過ぎようとしている。中止されてきた様々な「集い」が復活している。規模の縮小など感染予防対策に主催者は神経を使いながらも、今年 […]

水の流れは絶えずして

03水の流れは絶えずして

神奈川野菜で大盛りNORAご飯

04神奈川野菜で大盛りNORAご飯

映像の持つ力

05映像の持つ力

月いち言伝

06月いち言伝
  • 2022.8.1

    2022年8月

    暑中お見舞い申し上げます。 昼間はアブラ、ミンミン、クマゼミの三重奏ですが、 夕暮れのカナカナ(ヒグラシ)にはちょっと癒されます。 もう少し暗くなった頃、 聞き馴染みはあるけれど、とても力強い鳴き声に […]

  • 2022.7.1

    2022年7月

    あっっつーい!! 暑中どころか、酷暑お見舞いですね… 昼間は虫すら飛ばず、 地上のアリもふらふらしているような。 ひと雨ほしいけれど、 とんでもない豪雨にはならないで、と 七夕さまにお願いしましょう。 […]

神奈川ココ好きメッセージ

07神奈川ココ好きメッセージ
  • 2021.12.29

    第3回 平塚・茅ヶ崎エリア

    平塚の平野部から丘陵部に接するあたりに「根坂間」という地域があります。 平塚駅からバスで約20分、根坂間の信号を小田原方面に左折し、新幹線に 沿った細い道からジグザグに農道を上っていくと、段々畑のある […]

  • 2021.11.30

    第2回 厚木・伊勢原エリア

    「都心から西を眺めた時に一番手前に見える山は?」 ・・と聞かれたら何と答えますか? 正解は、丹沢・大山と呼ばれる山塊です。 その大山の麓に広がるのが厚木・伊勢原地域です。 豊かな自然だけでなく多くの寺 […]

イキモノのにぎわい

08イキモノのにぎわい
  • 2013.7.31

    最終回 いのち

    信じられない事だが、このタイミングで新しい命を授かった。 交際期間を含め18年間、これまでそんな兆しはまったくなかったのに。 命が芽生えたのはどうも4月中旬あたりらしい。 この現象に大震災が影響してい […]

  • 2011.2.28

    第18回 われから

    この時期、海岸には色とりどりの海藻が流れつきます。陸上の植物が盛りを 迎える季節とは逆に、海藻や海草は冬に成長し最盛期を迎えます(※)。 今の仕事柄、この時期は海藻に関するプログラムを多く実施します。 […]

和歌山県高野町富貴暮らし

09和歌山県高野町富貴暮らし
  • 2015.8.29

    なぜいなかに

    田舎、きてますね。田舎暮らし関連のテレビ番組とても多いですし、私が以前お世話になっていた田舎暮らしの相談窓口でも、相談に見える方がとても増えているようです。先日、地元高野山大学の先生から、富貴筒香に移 […]

  • 2015.6.29

    蛇口をひねれば水が出る

    田舎は水がおいしいでしょうね?と言われます。おいしいです!下筒香の先輩は「たまに町に住んでいる息子の家に行くと、水がカルキ臭くて、かなわんね」と言います。そして「水のタンクができてからほんっと助かって […]

ひねもす里山/NORA雑感

10ひねもす里山/NORA雑感

里山と暮らしをつなぐメルマガ

10里山と暮らしをつなぐメルマガ

その他

  • 2021.1.31

    第48回 選米の儀と新米食べ初め

    ★ 里山レシピ(農閑期) 蒔く→ 道具づくり→ 採種 冬は農閑期。と言っても、野良仕事にお休みはないのです。 師走の12月。田んぼは、藁を敷き畑おさめ。 畑では、この時期に芽を出したマメ科に藁囲いで養 […]

  • 2018.7.13

    里山ガーデンの過去と未来を考える(その2)

    NORAでは、2017年5月21日に「意見交換会:里山ガーデンの過去と未来~動物の森公園を考える」を開催、さまざまな意見をいただきました。 過去の資料を調べ、3度の里山ガーデンを経て、私たちはこの場所 […]