Page 9 of 10 1 6 7 8 9 10

2010.1.26 第17回 子どもは風の子

冬だから寒い。 私は寒いのは苦手。 気温がヒトケタになるとヤル気を無くす。 よって、今回は原稿お休みします。 は、ウソですが、 温泉にでもつかってゆっくりしたいと思いつつ、 思うだけの日々ではあります…»

2009.12.15 第16回 もちがつけて男は一人前

年末の休日に友人宅でもちつきを楽しむ。 日当たりのいい庭に臼を出し、ヘッツイをすえる。 塩を盛り、お神酒を振って、火を入れる。 プシュッ、グビリと自分にもガソリン注入。 天気が良く風がなければ上着を脱…»

2009.11.27 第15回 収穫の秋、そして「余剰」

晩秋の3連休、私は、 1日目、小春日和の畑で、にぎやかに蕎麦の収穫。 2日目、冷たいノベンバーレインに、着込んで淡々と私事。 3日目、再び上着とシャツを脱いで、小麦の畑作りと種まき。 農作業の日が快晴…»

2009.10.25 第14回 田んぼに出会う

先月のメルマガの田んぼ報告を引用、(きっと今月も報告あるはず・・・) 「NORAの野良仕事・田んぼ編、いよいよ稲刈りを迎えました」 今年「NORAの野良仕事」では、 田んぼ仕事のお手伝いをさせていただ…»

2009.10.1 第13回 100年を考える

ある勉強会で、「100年後を考える」という話があった。 地域社会、あるいは日本という国を考えるときのことだ。 10年後だと、何を作るか、と発想するが、100年後では、何を残すかという発想になる。 そし…»

2009.8.23 第12回 私と寺家、寺家と私

そのころの私の職場は港の見える丘公園の近く。 青葉区(まだ分区以前で緑区)から往復50kmを鉄の馬に乗って通っていた。 鶴見川沿いの道、港北ニュータウン、第三京浜、市街地と抜けてたどり着く。 ヘルメッ…»

2009.7.27 第11回 田んぼとの関係性

田んぼはみんなの財産。 稲作は、(今や)社会的事業。 横浜にとって、も、日本人にとっても・・・ (いや、今という時代、 「みんな」とか、 「日本人」とか、 そういうことが、どんどんアイマイになって、 …»

2009.6.28 第10回  里山で福祉

15年ほど前だったか、 業界の先輩の方から言われた。 「いまさら茗荷村でもないよね」と。 未だにどういう意味だったのかよくわからないでいる。 その後、その手の論議もなく過ぎてしまった。 今一度考えてみ…»

2009.5.26 第9回 みどりアップでグリーンもアップ!?

開港150周年「開国博Y150」で盛り上がっている今年の横浜。 そんな今年の横浜に、もう一つトピックスがある。 「横浜みどりアップ計画」のスタートだ。 横浜市の課題である緑の保全への取り組みに力を入れ…»

2009.4.27 第8回 春の迎え方

今年のな~に谷っ戸ん田の春はキンランに象徴された。 「雑木林を整備した我々へのご褒美と考えるのは不遜だろうか?」 と、私は書いた。(「雑木林でみつけた」) このキンランは林のシノタケの繁みの下でなんと…»

2009.4.1 第7回 私の田園都市生活

私がこの田園都市青葉台に移り住んだのは昭和40年代の初め。 生まれは武蔵野吉祥寺、青葉台の前は辻堂に住んでいた。 江戸っ子(?)が湘南ボーイ(?)になり、そして田園都市生活・・・。 そのころの青葉台は…»

2009.3.1 第6回 中学校社会科で「食」の話

先日、某私立女子中学で「授業」をする機会があった。 社会科のなかでの「環境学習」の一環ということだった。 女子中と聞いてよろこんででかけた。 男子校だったら断っていたかも・・・ タイトルは「農作業が人…»

Page 9 of 10 1 6 7 8 9 10