Page 7 of 10 1 4 5 6 7 8 9 10

2012.3.31 第43回 虔十のいる所

絵をいただいた。 黄金色の麦畑を駆け回る子どもたち。 向こうに田畑と雑木林。 タイトルは「虔十のいる所」 描いてくださったのは中畝常雄さん。 子どもと自然を主題に描いている日本画家だ。 新治在住で、よ…»

2012.2.29 第42回 自給権

「スポーツ権」って聞いたことある? ええっ、なに? やっぱ、知らない?「スポーツ権」 剣道かフェンシングみたいなもの? いやいや、確かにスポーツチャンバラってあるけどね。 えー、知らないけど・・・ ス…»

2012.2.1 第41回 共同耕作のワケマエ

今朝のヨーグルトは・・・うん、煮りんごかぁ。 ふふ。 あれ、サツマイモも入っているね。美味いなぁ。 谷っ戸ん田のサツマイモ、これが最後よ。 ええーっ、もう終わり? 「もう」じゃないでしょ。4ヶ月近くあ…»

2011.12.31 第40回 TPPとな~に谷っ戸ん田 その2

な~に谷っ戸ん田5年目の年の瀬、 最後の活動日は恒例のもちつきだった。 20人ほどの大人と6人の子どもが集った。 大人の7割は設立時からの仲間。 毎年のもちつきで身のこなしが板についてきている。 子ど…»

2011.12.1 第39回 TPPとな~に谷っ戸ん田

いよいよ、だ。 TPP。 経団連は推進を唱えている。 農協は反対だ。 政権の中でも意見は分かれている。 興国か亡国か? 農業関係はほとんど反対だが、 なかには賛成推進という者もある。 考え方や意見はい…»

2011.10.31 第38回 雨の中で

雨の中の田植えは乙なものだ。 何度か経験した。 泥に手足を突っ込んで、田に這い蹲り、 ふと前に目をやると、 水面に雨粒が波紋を広げている。 苗代から広い田んぼに移された早苗たちも、 陽光よりも天水を浴…»

2011.9.30 第37回 田園と都会

9月中旬に収穫した芋をいただきました。 サトイモとサツマイモ。 どちらも、掛け値なしにとても美味しかったです。 あの畑はいわゆる「重い土」です。 粘土質が強く、肥沃かつ水もちが良いというような意味です…»

2011.8.31 第36回 都会の夏

数日前の驟雨が季節の空気を変えた8月の終わり。 昼食に拙宅の隣の畑の野菜が並んだ。 ゴーヤーの天ぷら、ミョウガの味噌和え、ナスの煮浸しに大葉をあしらう。 きゅうり、にんじん、なすの糠漬け。 糠床には新…»

2011.7.31 第35回 故郷を・・・

故郷を離れることになった。 転職、転居、である。 そう遠くへ行くわけではなく、 家も残していくので、 たびたび田園都市を訪れるつもりだ。 しかし、 生活の場ではなくなり、 「訪れる」場になるだろう。 …»

2011.7.1 第34回  故郷を耕す その3

彼は都会育ち。 小学3年生。 初めて田園都市を訪れた。 緑も多いが坂の多い町に面くらったようだ。 な~に谷っ戸ん田では、 谷戸の尾根から下る道に驚く。 初対面の人たちにキンチョウする。 (なんだよ。俺…»

2011.5.31 第33回 故郷を耕す その2

蕗の薹で春の訪れを確かめる。 竹の子を掘るのは、仲間と汗を流した竹林。 キンランは草刈りと落ち葉はきのご褒美。 田植え後の宵、カエルの合唱。 ホタルは夏の労働への序章。 田に這いつくばる草取りだって、…»

2011.4.25 第32回 故郷を耕す

「放射能がやってきても、青葉区で耕し続けるか」 と、問われた。 「青葉区は私の故郷です」 と、応じた。 4月の始め、有機農業関係者などが集まった会合のあと、 (『有機農業の技術と考え方』) いつものよ…»

Page 7 of 10 1 4 5 6 7 8 9 10