Page 7 of 10 1 4 5 6 7 8 9 10

2011.10.31 第38回 雨の中で

雨の中の田植えは乙なものだ。 何度か経験した。 泥に手足を突っ込んで、田に這い蹲り、 ふと前に目をやると、 水面に雨粒が波紋を広げている。 苗代から広い田んぼに移された早苗たちも、 陽光よりも天水を浴…»

2011.9.30 第37回 田園と都会

9月中旬に収穫した芋をいただきました。 サトイモとサツマイモ。 どちらも、掛け値なしにとても美味しかったです。 あの畑はいわゆる「重い土」です。 粘土質が強く、肥沃かつ水もちが良いというような意味です…»

2011.8.31 第36回 都会の夏

数日前の驟雨が季節の空気を変えた8月の終わり。 昼食に拙宅の隣の畑の野菜が並んだ。 ゴーヤーの天ぷら、ミョウガの味噌和え、ナスの煮浸しに大葉をあしらう。 きゅうり、にんじん、なすの糠漬け。 糠床には新…»

2011.7.31 第35回 故郷を・・・

故郷を離れることになった。 転職、転居、である。 そう遠くへ行くわけではなく、 家も残していくので、 たびたび田園都市を訪れるつもりだ。 しかし、 生活の場ではなくなり、 「訪れる」場になるだろう。 …»

2011.7.1 第34回  故郷を耕す その3

彼は都会育ち。 小学3年生。 初めて田園都市を訪れた。 緑も多いが坂の多い町に面くらったようだ。 な~に谷っ戸ん田では、 谷戸の尾根から下る道に驚く。 初対面の人たちにキンチョウする。 (なんだよ。俺…»

2011.5.31 第33回 故郷を耕す その2

蕗の薹で春の訪れを確かめる。 竹の子を掘るのは、仲間と汗を流した竹林。 キンランは草刈りと落ち葉はきのご褒美。 田植え後の宵、カエルの合唱。 ホタルは夏の労働への序章。 田に這いつくばる草取りだって、…»

2011.4.25 第32回 故郷を耕す

「放射能がやってきても、青葉区で耕し続けるか」 と、問われた。 「青葉区は私の故郷です」 と、応じた。 4月の始め、有機農業関係者などが集まった会合のあと、 (『有機農業の技術と考え方』) いつものよ…»

2011.3.31 第31回  新しい田園都市生活

グリーンが雑誌「田園都市生活」に載った。 Vol40春号。23ページ。 青葉台10新発見、という記事で、 見開きのほとんどは、無農薬青葉米、 と、はやし農園が紹介され、 グリーンはさしみのつまくらい。…»

2011.2.28 第30回 野菜の味

春を迎える頃となり、 次の春夏秋冬のことを考え、 我が社のスタッフもアレコレ話をしている。 いい野菜を作りたい。 作る過程を仲間たちと楽しみたい。 その野菜が「売れる」 と、いうか、誰かから必要とされ…»

2011.2.1 第29回  農薬は絶対的な悪か

化学肥料や農薬を使わずに米や野菜ができたら、 それはスバラシイことだと思う。 「有機栽培」というやつだ。 化学肥料や農薬は自然のものではない。 それを土や植物や虫などにまくのは、 やはり基本的にはよろ…»

2010.12.28 第28回 父の昆虫標本

父の昆虫標本が7箱ほど家の押入れに入っていた。 ピンで串刺しになった虫の何割かは傷んで首や足がもげているし、 そもそも古い標本に価値などないと思っていたので、 どうやって処分しようかと思案していた。 …»

2010.12.1 第27回 野菜工場

水耕栽培という技術がある。 ハウス内に養液の流れるベッドを作り、 そこで野菜などを栽培する。 トマトやイチゴは土の地面の代わりに水槽がある感じ、 ロックウールで定植し溶液のなかを根が這う。 葉物などは…»

Page 7 of 10 1 4 5 6 7 8 9 10