活動領域を横浜北部へ、多摩へと拡げます

2017.4.2

横浜北部でムラ事業を

NORAは、横浜南部(南区宿町)に活動拠点「はまどま」を構え、
ムラ事業(持続可能な地域コミュニティづくり、暮らしの提案)を展開しています。
具体的には、「NORA野菜市」「神奈川野菜の食事会」「もったいないから竹細工」
「はまどまで土間仕事」「はまどまミニシアター」「NORAサロン」などを開催し、
「里山とかかわる暮らし」を実践・提案し、普及を図っています。

このたび、横浜市内にあって里山景観がまとまって残る横浜北部での活動を、
これまで以上に積極的に進めていくことにして、
さしあたり、食事会やサロンなどのムラ事業を、
定期的に開催していく方針を決めました。

詳細については、今後お知らせしていきますが、
将来的には活動拠点も確保できればと考えています。
「はまどま」には遠いけれど、横浜北部で活動するならば、
一緒に企画を考えたいとか、いい場所を紹介したいなど、
ありがたい情報がありましたら、ぜひお知らせください。

たま里山研究室(TAMA)を開設

最近、NORAの活動が領域的に広がってきており、
たとえば、多摩市、町田市、相模原市などでも実施しています。
これまでもNORAは、横浜市内に活動を限定してきたわけではなく、
小田原市、厚木市、中井町などでも展開していますが、
なぜ横浜以外で“よこはま”里山研究所が活動しているの?と尋ねられると、
説明するのが少々面倒であることも事実です。
そこで、特に東京都下の多摩地域で活動を展開していきたいこともあり、
たま里山研究室(TAMA)を開設することにしました。
これは、多摩方面での活動を実施するための部署と考えてください。

NORA(ノラ)にTAMA(タマ)ができて、
猫(CATS)のファミリーが増えてきましたので、
共通のスローガンを考えてみました。
すなわち、CATSとは、Come All Together for Satoyama ! の略。
これを合い言葉にして、横浜で、多摩で、活動を広げようと思います。