icon_nakamatachi

かながわ311ネットワーク

2015.7.31

2011年3月11日。東日本大震災が発生しました。
あの日起こったこと、あの日から始まり続いている様々なことを忘れず寄り添い続ける、そして「あの日」から学び防災することを目的に活動しているのがNPO法人かながわ311ネットワークです(以下、311ネット)。

311ネットとNORAの関わりは、311ネットの前団体である「かながわ東日本大震災ボランティアステーション事業」(以下、ボラステ)の時代にさかのぼります。
2012年だったと思いますが、ボラステのオリジナルTシャツを作る際、NORAの会員である勝野さんに無理をお願いして古代文字で「翔」と書いて頂いたのです。
311ネットはボラステ解散後の2013年に誕生、その後もNORAの食事会にメンバーがお邪魔するなどのおつきあいが続いています。
311ネットには東北の食材やお酒を味わいながら復興支援する「復興キッチン」「復興バル」などのイベントがありますので、いつかNORAの神奈川野菜食事会とも
コラボできたらと密かに考えています。

311ネットでは、今後、東北支援と共に地域防災事業にもいっそう力を入れていきます。
横浜は震度6以上の地震が起こる確率が30年以内に78%といわれています。
東日本大震災でも5強を記録していますし、発災は人ごとではありません。
しかし、津波が脅威となった東日本大震災と異なり、横浜では関東大震災と同じように、火災など都市型の被害が甚大になることが予測されます。
もはや、震災後ではなく、横浜は常に「震災直前」なのです。

もし明日、いえ、今日大地震が発生したとして、
あなたはどういう経路でどこに逃げるか考えたことはありますか?
家に1週間分の食料と水の備蓄はありますか?
東日本大震災から何も学ばず右往左往して被害を拡大してしまっては、東北の方々にも申し訳ないと思いませんか。

復興に向かう東北に寄り添い、東北から学び、備える。
311ネットではそのためのさまざまな情報提供やワークショップなどを開催しています。
4月からは県内の学校ともつながり、学校での防災教育にも関わっていく予定です。

はまどまのある蒔田周辺も古い住宅が建ち並ぶ場所もあり、火災の恐れは否めません。
今度、はまどまで防災ワークショップなどやってみたいですね。
これからもどうぞよろしくお願いします。
(有川美紀子)

◎NPO法人かながわ311ネットワーク
http://kanagawa311.net